blog index

みかん。

引っ越しました。2秒後に遷移します。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
感想文:ALWAYS 三丁目の夕日
こんばんは。nasです。

こんなにも泣けるとは思ってませんでした。。。
「ALWAYS 三丁目の夕日」感想です。


参考:「映画公式サイト


かなり前に予告編を見た段階では気になってましたが、実際見に行こうとは思ってなかったのです。
じゃあなんで行ったか。
・・・しょこたんが絶賛してたから。以上。


というわけで以下、ネタバレ含む可能性ありです。





家に帰って来て、パンフを読んでて気付いたのですが、ほとんどのシーンでCGが使われてるんですね。かなり驚き。
CGだな、と思うシーンも確かにありましたが、予想以上の箇所で使われてたのでビックリ。技術の進歩ってすげぇな、と昭和33年をテーマにした映画で思わされるとは思いも寄らなかったです。

んで、映画館でかなり泣きましたが、至る所から鼻をすする音が聞こえたので、泣いたのは管理人だけではありません。悪しからず。
特に管理人はカップルに挟まれる感じで座ってましたが、右のカップルも左のカップルも女の方が泣いてました。
上映終了後もなかなか席を立とうとしないので正直邪魔でしたが、その気持ちもわかる。

さて、泣いたシーンは多々あれど、管理人イチオシは一平と淳之介が高円寺まで行って帰れなくなるシーン。
帰りの電車賃が無くて途方にくれている二人。「困ったときに開けるのよ」とお母さんに言われていたセーターのツギハギを開けると、お金が入ってる。それを見て、帰れるという安心感と、そこまで見越していたお母さんの暖かさを一平が知り、泣くシーンです。

いや、もうね。途中からお金が入ってるんだろうな、というのは読めるんですよ。でも実際、そういう展開で来られると泣くしかないわけで。

他の泣けるシーンもほとんどそんな感じでした。
先の展開が読めるのに、それでも泣ける。茶川が走り出したら、どうせ淳之介が戻ってくるんだろうと予想できるのに、その通りの展開になっても泣ける。
これは、演技の力が大きいと思いました。

堤さんの迫力もそうだし、全員が、画面の中で生きている感覚。
いや、もちろんそんなのは映画なんだから当たり前といえばそうなんでしょうが、この作品に関しては、そういう空気感みたいなものが強く感じられたのです。

笑いが起こるシーンから、しんみりと泣けるシーンまで、見てるだけであったかくなれる映画だと思いました。


関連:
三丁目の夕日 特別編
三丁目の夕日 特別編
管理人は原作読んだことがありません。ちょっと興味が出てきたので読んでみようかな。


・・・本当に感動したものに対しては、感想文が全く浮かばないのが管理人のダメなところです。今回は、それがモロに出た感じ。泣けすぎて文章が出てこない。


それでは、また。
| nas@みかん。 | 感想文:映画 | 22:38 | comments(0) | trackbacks(2) |
感想文:ローレライ
こんばんは。nasです。

さて今回は、話題の映画「ローレライ」の感想文ですよ。

公式サイト:「ローレライ」(いきなり歌が流れてビックリ&動作が重い。アクセスされる方は注意)


上映中のものなので、まずはネタバレなしで感想を。

まず最初に。
管理人は「終戦のローレライ」は読んでません。あと、監督が誰かすら知らずに見に行きました。事前に知ってたのは「宣伝協力:海洋堂」と役所広司・妻夫木聡が主演、ということだけ。

簡潔に言います。えー、100点中、90点以上。最近見た映画の中では最高の出来だと思いました。

CGと実写が同時に写るシーンではCGに違和感があったり、艦長・役所広司の行動にちょっと疑問符が付くところはある気がしましたが、その他は満点出します。最高。

というのも、管理人、またしても泣いちゃったからです。映画館で涙を流したのは久しぶり。

細かいことはどうでもいい、泣けたからには高評価なのです。

まぁガンダムを連想させたり、パンフにもあるようにアニメ的な部分も多数見られますが、そこは設定の妙。きちんとリアリティが出てたと思います。決して荒唐無稽な話ではなく、ちゃんと実写のエンターテイメントとして完成されていたと思います。
さすが樋口真嗣。監督が誰か知ってたら公開日に行ったのになぁ。。。

というわけでオススメ。ガンダム好きなら絶対、楽しめると思います。世代間の受け渡し、みたいなシチュエーションに泣ける管理人みたいな人もぜひ。

管理人は見つけられませんでしたが、富野御大・庵野監督も出てますよ。庵野監督は絵コンテ等も協力。友達パワーだ。
一部デザインに出渕裕・押井守という大物も参加。

気になってる人はすぐにでも劇場に走れ!!オススメです。


さて、ネタバレ感想文は以下に続きます。
続きを読む >>
| nas@みかん。 | 感想文:映画 | 01:03 | comments(5) | trackbacks(5) |
感想文:仮面ライダーアギト PROJECT G4
こんばんは。nasです。

今回も特撮の感想文「仮面ライダーアギト PROJECT G4」です。

劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4
劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4

アギトはテレビシリーズ見てるのでストーリーはバッチリでした。

とりあえず、テレビシリーズ見たことない人にはオススメできそうにないです。
テレビシリーズ途中の追加エピソードという感じなので、見てないと理解できないところが多いかと。特にラスト。テレビ後半への伏線で終わるので、続きが気になること確実です。

戦闘シーンよりは、ストーリー重視な感じで大人向けっぽい気がします。キャストが何気に豪華なのが楽しめます。

しょっぱな、唐戸亮が出てるのに驚き、小沢真珠が出た時は爆笑しました。キャラの悪役加減を見て「牡丹と薔薇」への伏線かと思ったくらいです。

途中、藤岡弘が出た時も爆笑。ストーリーに全く絡まないのに一瞬だけ出演。「後は君達に任せた」というセリフに、初代仮面ライダーはいつまでも世界平和を守ってくれてるんだなぁ、と感動でした。

劇場版のみのライダー、G4は大型ミサイルぶっ放してくれたり大活躍。かっこいいです。

惜しむらくは、ギルスの役割の少なさ。エクシードギルスにまでなる意味はあったのか。少年とちょっと絡んだ時は、テレビシリーズ中盤を思い出して感動でしたが、それだけでした。
それでも変身前、変身後ともにギルスが一番お気に入りです。子供が憧れるヒーロー像。かっこいい。

要潤は最近バラエティーで見かけますが、結局氷川君を演じてるんだろうな、と思ってしまうのは僕だけでしょうか。

というわけで、楽しかったです。相変わらず真魚ちゃんは美少女だし。

暗く、重い話だった龍騎劇場版・555劇場版を見た後でしたが、アギトはちょっとだけ軽めですね。・・やっぱりクウガが一番かな。


一日で平成ライダー劇場版を3本見ました。・・・勉強しようよ、自分。

それでは、また。
| nas@みかん。 | 感想文:映画 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
感想文:仮面ライダー555 パラダイス・ロスト
こんばんは。nasです。

今回は特撮の感想文「仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」です。

仮面ライダー555 パラダイス・ロスト
仮面ライダー555 パラダイス・ロスト


テレビシリーズ本編見てないくせに、この映画を見てしまったのは「一万人の量産型仮面ライダー」に惹かれたからです。

肝心の内容のほうは、テレビシリーズとは離れたものらしく、テレビシリーズ見てない自分でもかなり楽しめました。

ただ、すこしだけ苦言を。
え・・演技が・・・。

ひとり、演技がすっごい微妙な人がいました。そのせいでちょっと興醒め。他の人もちょっと演技が微妙。

しかし、他は期待以上の楽しさでした。
人類の進化系、オルフェノクに支配された世界ということで管理社会の恐ろしさみたいなものがよく出てたと思います。1万人ものエキストラを使った意味がかなり生きてました。

外国人ライダーは飛びまくってて微妙でしたが、量産型ライダーはよかった。オンリーワンな存在であった仮面ライダーを量産するという発想。それが素晴らしいと思います。

ストーリーの最後の方は微妙な感じもしますが、戦闘シーンが圧巻なので満足でした。CGバリバリで迫力満点。これは楽しい。

ファイズ役の人がちょっとキムタクっぽいのもポイント。髪型としゃべりがね。

とりあえず見た後は携帯電話をピッポッパッ。変身!!と言ってみました。戦いながらボタン操作ってのは「運転中の携帯電話」みたいであまりかっこいいものではないですがね。

夜のシーンで、ファイズの目が光ってるのがすごいかっこよかった。これもちょっとテレビシリーズ見てみたいなぁ。
でもカプセル怪獣みたいなお助けロボは微妙でした。

見て損はなかったです。かなり楽しめた、名作だと思います。



やっぱり平成ライダーシリーズはおもしろい。

それでは、また。
| nas@みかん。 | 感想文:映画 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
感想文:仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL ディレクターズカット版
こんばんは。nasです。

今回は特撮の感想文「仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL」ディレクターズカット版です。

仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL ディレクターズカット版
仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL ディレクターズカット版


まず初めに断っておきます。
管理人はクウガ・アギト以外の平成仮面ライダーシリーズを見たことがありません。見たかったのですが、どうも時間がなさそうなので劇場版だけでも見て、雰囲気をつかもうと思い、今回「龍騎」を借りてきたわけです。

見た感想としては・・テレビシリーズ本編が見たくなりました。

そもそも、テレビシリーズ最終話という位置付けの作品だということもあり、基本的な設定を知らないと話についていけません。

かろうじて「ミラーワールド」とか「モンスター」とかいう単語は知ってたので、なんとかついていけたと思いますが、完全に楽しめたかどうかはわかりません。

それでも、おもしろかったと思います。

クウガの最初の3話くらいでCGが出てきた時は「はぁ・・」とため息が出るくらいのレベルでしたが、さすが龍騎、時代が違う。とにかくCGによる戦闘シーンが派手でかっこいい。素直におもしろいと思えました。22歳の管理人も、あのカードを持って「ファイナルベント」ってやってみたいと思ったくらいです。

加藤夏希が「仮面ライダーファム」役で出てるのも公開当時は話題になってましたが、なるほど良かった。ホビージャパンとココリコミラクルタイプ以外で初めて見た加藤夏希でしたが、好感度アップでした。
あと、この時の加藤夏希って柴咲コウに微妙に似てると思いました。

テレビ本編を見てないのでストーリーについて文句は言えませんが、なかなか意欲的な終わり方だったと思います。・・・もっとゾルダが見たかった。

まぁ、本編を見てないのにこれだけ楽しめたっていうのは名作の証。とりあえず見てみてよかった。(テレビシリーズファンの方ごめんなさい)

途中、アギトの主要メンバーが出てくるところが笑えます。すごいファンサービス。

関連:
装着変身 仮面ライダーゾルダ
装着変身 仮面ライダーゾルダ
銃とかミサイルぶっ放してたのが印象的なゾルダ。ファイナルベントの一斉発射は息を呑みました。弁護士ってのもいいなぁ。


特撮作品ってアニメよりさらに低く見られることが多いような気がしますが、平成ライダーシリーズは確実に大人が楽しめる作品だと思います。というわけで555劇場版、アギト劇場版も見たので感想は後ほど。

それでは、また。
| nas@みかん。 | 感想文:映画 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

bolg index このページの先頭へ