blog index

みかん。

引っ越しました。2秒後に遷移します。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
感想文:機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE21
こんばんは。nasです。

遅くなりましたが「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の感想文、第21話です。

例によってネタバレ注意。



えー、公式サイトでデスティニーガンダムが発表されてるのですが、そんなことはおかまいなしの話でした。
サンライズオフィシャルの方では、例の「光の翼&ゴッドフィンガー」の画像がありますが、そんなことも関係ない話でした。

シンとステラの再会が描かれた話でしたが、作画が間に合ってないのが見えた感があります。またしても回想シーン多いし。
キャラの顔がころころ変わって見えるのは自分だけだったのか・・・・?
肝心のシンとステラのシーンも、なにか枚数を削って書いたような印象が。なめらかに動いてない気がしました。。。


とまぁ、文句ばっかり言っても仕方ない(最近こればっか)ので、ちょっとシンとステラの関係に注目します。

ガンダム作品で「恋愛」がクローズアップされたのは「第08MS小隊」が印象に残ってます(正確にはいろいろな作品で恋愛要素は出てますが、ここでは08を取り上げてみます。特に恋愛が前面に出てたと思うので)。

「08」では連邦側の主人公とジオン側のヒロインが結ばれるという展開でした。DESTINYでもザフトのシンと連合のステラという展開ですね。「Z」でのカミーユとフォウ、もしくはロザミアという関係も似ています。
戦場という極限状態において、偶然出会った男女が恋に落ちる・・・・。よく見るシチュエーションといえばそれまでですが、実際そういうことはよくあるのかどうか疑問に感じます。

「08」で主人公・シローが「オレはアイナと添い遂げる!」と叫ぶシーンを見た時は「え〜」と興醒めしたことを覚えています。戦うのが目的である兵士同士が、簡単に恋愛関係に落ちることにリアリティを感じなかったのです。


※以下、映画「ローレライ」について少し書いてます。ネタバレにはなってないつもりですが、いちおう反転させておきます。
現在公開中の映画「ローレライ」でも、戦闘中に恋愛関係に発展したかのような描写があったのですが、それについて、演じていた妻夫木聡氏がこんなことを言ってます。

「ただ、ふたりが恋人同士に見えるようには絶対演じたくありませんでした。(中略)しかし実際に戦争が起きている状況においては、彼らには恋愛以上に大事なことがあったはずです」(映画「ローレライ」パンフレットより)

※反転終わり。

ガンダムとは状況が違いますが、戦争中に果たして恋愛感情が起こるものなのかが疑問に感じられるわけです。それよりも大事なことがあるだろう、と。

戦闘中に出会ったわけではないし、相手が敵軍の兵だとは知らなかった、ということもあります。でも、待機中の兵士がそんな簡単に恋愛に落ちるようなことがあれば、用兵上かなりの問題だと思うのですが。スクールでは何を教えていたのか。

シンは、ステラが自分と似たような境遇だったから共感しただけ、という見方もできますが、たぶん今後、恋愛に近い関係になると予想されるのでちょっとそこら辺を注目していきたいと思ってます。

ミーアやルナマリアの動きを見ていると、どうも「恋愛」をウリにしていくのかな、とも思えたのでちょっと心配。他のテーマよりも恋愛を前面に押し出していくことがないように祈りたいです。要素の一つとして存在するのは別に構わないのですが、強調されすぎて今回のようなラブコメ路線を走るのもどうかと思う。

もう少しで折り返し地点。やっとストーリーが動きだした感もありますが、次回も楽しみにしておきます。


とまぁ、何が言いたいのかわからなくなってきましたが、要はがんばれ、と。
来週はキラ出撃もあるようだし。やはりデスティニーガンダム&フリーダム兇4月登場なのですかね。

関連:
公式ガイドブック 機動戦士ガンダム SEED DESTINY ―運命の架け橋―
公式ガイドブック 機動戦士ガンダム SEED DESTINY ―運命の架け橋―
公式ガイドも出てるようです。


それでは、また。
| nas@みかん。 | ガンダムSEED DESTINY | 19:51 | comments(10) | trackbacks(5) |
デ・・ですてぃにー・・・
こんばんは。nasです。

さて、やっと正式発表されたデスティニーガンダム。その能力が結構ひどいもののようで。。。。

DESTINY CD&DVD発売記念イベント」(シャア専用ブログさんの記事)

ザフト製なのはよくわかりますが、ゴッドフィンガー&光の翼ってなによ。悪趣味もここまで来ると笑えない。。。

前作でフリーダムなんて最強機体を出してしまったせいで、それを越えるものを作ろうとするからムリが起きてしまったんだろうな、やっぱり。

キラ&フリーダムに勝つにはそれくらいしなきゃダメってことなのか?それにしてもゴッドフィンガー&光の翼って・・・。

最近∀を見たのでターンXを思い出すなぁ。あれもシャイニングフィンガー&月光蝶だったから。でも、あれは黒歴史の遺産。歴史的つながりがあってのことだからシャイニングフィンガーが出ても許せたんだけどなぁ。
コズミック・イラと宇宙世紀は関係ないんだよね?よね?

子供の頃、BB戦士で遊んでた時は「全部の武器を持たせたら強いんじゃないか」なんて思ってバズーカとサーベルとビームライフルと・・・みたいに全部持たせたことがありましたが、発想はそんな感じなのでしょうか。とりあえず全部つけてみろ!みたいな。・・・美学もなにもない。。。


「子供が言う”ジャンクロードヴァンダムとスタローンはどっちが強い”のレベルでいいよ」(byプッチ神父@ジョジョpart6)というセリフを思い出しました。

大丈夫なのかDESTINY。バンダイのプレスリリースでは、DVDは売れてるようだけども・・。

頼むから・・・これ以上失望させないでくれ・・・。

それでは、また。
| nas@みかん。 | ガンダムSEED DESTINY | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
感想文:機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE20
こんばんは。nasです。

さて、今回も文句が多くなりそうな感想文「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第20話ですよ。

例によってネタバレ注意。


・・えーと、前作の総集編ってことでいいよね?
でもなぜこのタイミングで総集編?

・・人気取りのため、キラ登場を早めたという噂を聞いたことがありましたが、それのせいでしょうか。
こんな総集編は、キラ登場の前に済ませておくべきところでは。序盤、妙に旧キャラばかりクローズアップしたくせに、いまさらになってこんな話を出してくるなんて。シンの過去が見えたのは良かったですが、それを30分かけてまで・・・。EDITEDの時、一回で全てやってしまえば良かったのに。

前作の回想については言うことないです。懐かしいなー、くらい。「撃てーッ!マリュー・ラミアスーッ!!」は感動でしたね。名場面集って感じでした。本当に、なんでいまさら。

メインはシンの過去の様子。
・・ア・・アズラエル?一瞬、子供時代のアズラエルがいじめられてるようなシーンが。なんだこれ。
あとはトダカ一佐、こんなところでシンと絡んでたとは。意外と今後、大きな役目があるのかも。

んで、やはりオーブ住民=日本国民みたいなイメージなのかなぁ、という感じ。本当に巻き込まれるまで戦争を禁忌する、というか。このへんは現実とダブらせすぎると嫌だなぁ。反戦活動をしろ、みたいなメッセージ作品には、どうかならないで欲しい。ほんとに。

戦争を対岸の火事に思ってしまう、というのを見ると、いつもイエローモンキーの名曲「JAM」の一節を思い出します。「外国で飛行機が落ちました ニュースキャスターは嬉しそうに 乗客に日本人は いませんでした」という歌詞。初めて聞いた中学生当時、結構考えさせられたもんです。人類はみな平等だ、みたいな思想だったもんで。
でも、いまなら感じ方が違うなぁ。大人になったってことかな。

「オーブは理念を守ったけど、オレの家族は守ってくれなかった」というシンのつぶやきは痛かった。理念を大事にしすぎて現実が守れなくなる事態は避けたいけど、現実ばかりみて理念を無くせば未来がなくなるのは必定。このあたり、今後のシンの成長を見せてくれることを期待します。

理念が全世界に伝わり、民衆自身が立ち上がるという「ガンダムWエンドレスワルツ」みたいな展開があればいいなぁ。


まぁ驚きは2週ぶりのガンプラCMでデスティニーガンダムの正式発表があったこと。・・・ダサいな。夏発売って、延びてる?ということは本編登場も遅れるのかな。3クール目中盤くらいかな。

さて次回。ついにシンとステラの出会いか。ハイネがミネルバに来るし、今週進まなかった分も話を進めて欲しいです。

ルナマリアのスクール時代のスカート、ダサいな。。。

関連:
機動戦士ガンダム 一年戦争
機動戦士ガンダム 一年戦争
やっぱり面白そうだわ、これ。



全く関係ないですが「また妹のマユもやりたがって、うるさいだろうな」というセリフをボーッと聞いててちょっと慌てました。・・・ごめんなさい。

それでは、また。
| nas@みかん。 | ガンダムSEED DESTINY | 19:11 | comments(6) | trackbacks(8) |
感想文:機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE19
こんばんは。nasです。

遅くなりましたが「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第19話感想です。
例によってネタバレ注意。


今回は・・風邪ひいて頭が痛かったから更新が遅れたのも事実ですが、感想書く気が起きなかったというのもひとつあります。

その感想を一言で言うと・・・「表現を放棄しやがったな!」です。

そんな感想を抱いたのは、議長のセリフが原因です。これって、制作者がテーマとしているものをキャラの口を借りて言わせてるだけだと思います。

戦争の一つの面として、産業的な役割があることを言おうとするのなら、それ相応の描写をして欲しかった。議長に全て話させて、それで納得させようってのが視聴者をなめてる気がします。

この作品は、別に戦争についての評論文ではないはずです。評論ではない、娯楽作品として戦争を語るのなら、娯楽作品としての語り口があるはずです。

「戦争には産業的な側面がある」と言わせるだけでは、表現したといえるかどうか疑問に思うのです。武器を売って儲ける人がいるシーンとか、戦争によって潤ってる人がいる、といったシーンを用意せず、セリフのみで語らせる。これは「表現の放棄」と言ってもいいくらいのものだと思いました。


ミーアのライブとか、議長とレイの801シーンも結構引くものがありましたが、議長の一連のセリフだけは怒りが込み上げました。ちゃんと表現してほしい。願うのはそれだけです。

まぁ、見方によっては「アスラン達に明確な"敵"の存在をほのめかして意のままに操ろうとしている議長の戯言」とも取れます。そう考えると、捨てたものでもないとは思うのですが・・。

そんな中でも、アスランのセリフはかなり良かったと思います。やはり前作がある分、前作キャラは理解しやすいですね。しかし今作のキャラは・・・。

その他気になった点をいくつか。
ハイネはあと3回しか出ないはずなのに、こんなに出番少なくて大丈夫なのか。
議長の絵荒れが・・。シーンによって顔がころころ変わる。。。
来週は総集編?まさか・・ね。
ガンプラCMはどこに?


毎回、感想書く前に他のブログ様は見ないようにしてます。見ることで意見がそちらに引っ張られたりすることを避けるようにするためなのですが、今回は時間が空いたので見てしまいました。その中でも特に「Sakura*Blog**」さんに共感。確かに真面目に考察したりするのがツラくなってきました。

ちなみに管理人は「∀ガンダム地球光月光蝶」をまたしても見ました。これで通算5回目。戦争の悲惨さとかはこちらの方がやはり伝わってきます。「地球光」見ただけで2回は泣ける・・。

ミーアのライブを見ると、いつもミンメイを思い出します。
・・ほんとにがんばれ、制作。頼むから。

それでは、また。
| nas@みかん。 | ガンダムSEED DESTINY | 21:33 | comments(2) | trackbacks(10) |
感想文:機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE18
こんばんは。nasです。

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第18話感想文ですよ。

例によってネタバレに注意。


毎回の長い回想シーンと発進シークエンスが「画が間に合ってません」的な雰囲気を醸し出してきた感があります。がんばれスタッフ。

クモ足MA、ヘルズゲーとか言いましたか。ザムザザーといい、連合のMAは一話で消える運命なんですかね。ザクレロ的な扱いなのかな。

そして今回のツッコミどころはシン。上官に口答えしすぎ。これは軍法会議ものですね。プラントの軍規は乱れ放題なのでは。アーサーよりアスランの方が階級は上だと思うけど、アーサーがアスランを「君」と呼んでたり。プラントは軍隊として適当っぽい。そこまで考えるな、ってことか。
シンをムリヤリにでも幼く描くことで、その成長を描く予定なんでしょうか。住民と一緒に喜ぶシンと、物憂げなアスランの対比を見ながらそんなことを思いました。

そして、拍手ものだったのはアスラン。どうやらシンを教育する方向。今回、あまりシンを怒らなかったのは落ち着いてて好感が持てました。目の前で連合兵の虐殺を見ても止めようとしなかったのは大人になった証なのかと。もし、この場にキラがいたら住民を怒っただろうなぁ。
「戻るぞ。オレ達の任務は終わりだ」と言ったアスランの、ヒーローではない、一兵士としての振る舞いがシンに影響していけばいいのですが。

あと、アスランがシンのことを「下手くそなんだろ、いろいろと」と言ったのを聞いて、アスランはキラとシンが似ていると感じているのではと思いました。不器用だけど真っ直ぐな感じは確かに似ているのかも。今後、出会う時が楽しみです。


また戦闘シーンでコクピットが潰れる描写がありました。この辺は賛否両論だと思いますが、管理人は基本的に賛成です。
MS戦は外部からの見た目だけだと血が流れません。そのせいで「人が戦っている」感が出にくいと思います。MS戦でも、人が血を流しながら戦っていることが出せなければ戦争を描いたとは言えないと思うのです。
とはいえ、残虐とも取れる描写は子供が見る作品としてどうかとも思います。
DESTINYで言えば、ユニウス7落下戦でアスランとパトリック派が戦ってたあたりの描き方は、血が流れなくても「人対人」っぽかったと思います。そんな風に、できれば残虐っぽくなく、人と人が戦っていることを表現してほしいと思います。
(管理人は∀ガンダム信者なので、MS同士で戦ってても会話するような、人対人が感じられる戦闘シーンが好きなのです)

さて、次回予告ではミーア専用ザクがチラリと。やっぱり本編に出ちゃったよ。。
グフイグナイテッド&ハイネも参戦のようで。ハイネはアスランとシンの橋渡し役になる、とどっかで西川氏が言ってたので期待です。
議長とミーアも地上に来て、いよいよ役者が揃った感がありますね。
やっとDESTINYになってきた感じ?来週も楽しみです。



キャラのセリフ言わせるのは見ててイタイ。。。DESTINYガンプラ売れないのはこのCMのせいもあるんじゃないかと。SEEDの時みたいに、蝶野さんとかお兄ちゃんとかラモスとかのサプライズ感を出して欲しい。蝶野さんが「またザクかよ!!」と叫ぶCMは管理人大爆笑の傑作でした・・。

それでは、また。
| nas@みかん。 | ガンダムSEED DESTINY | 19:34 | comments(4) | trackbacks(14) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

bolg index このページの先頭へ