blog index

みかん。

引っ越しました。2秒後に遷移します。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
感想文:METALGEAR SOLID 2 SONS OF LIBERTY
こんばんは。nasです。

今回はゲームの感想文「メタルギアソリッド2 サンズオブリバティー」です。

METALGEAR SOLID 2 SONS OF LIBERTY (コナミ殿堂セレクション)
METALGEAR SOLID 2 SONS OF LIBERTY (コナミ殿堂セレクション)
(商品リンクはベスト版。管理人がプレイしたのは通常版です。内容は変わりないはず。でも値段が桁違い。ベスト版、1700円って安すぎ!!)


メタルギアシリーズ、初プレイでした。
始める前は、半信半疑。潜入なんて地味な動きが楽しいのか?って感じでした。

そしてプレイ後。
部屋から出る時、何気に左右確認をしてしまいました。

おもしろい!!傑作です。

雰囲気はハリウッドのB級映画(いい意味で)。ムービーと会話が多いので、金曜ロードショーを見てるようです。おかげで、スッと話に入れて感情移入できます。まるで自分自身が潜入したかのよう。

後半のストーリーは難解になり、実写映像も出たりで考えさせられます。まぁ、要は「エヴァンゲリオン」なんだと解釈しましたが。光学迷彩が出てきたり、情報や真実の意味なんて話が出てくるあたりは「攻殻機動隊」とかを連想させました。

ストーリーが秀逸なので、のめりこんでしまうのはもちろんなのですが、アクションが面白いのが一番のポイント。

敵に見つからないようにこっそり後ろを歩いたりするスリルがたまらない。もし見つかってもゴリ押しでいけることがあるのが興奮。5対1とかなのに落ち着いて攻撃して、全員麻酔で眠らせた時はガッツポーズでした。

普段はなるべく戦わないようにしておいて、溜め込んだ弾をボス戦でぶっ放すのが爽快。でも使うのはC4とかクレイモアとかの設置系爆弾ばかりだったり。ちょっと変わったプレイをするのが楽しかったりします。

ノーマル難度でクリアしましたが、難易度は高めかと。それでも慎重にいけば大丈夫。足を滑らせて海に落ちる、とかの死に方が多かった慌てんぼうの管理人でした。

スティンガーやRGBをぶっ放す爽快感、こちらに気付いてない敵を後ろから麻酔銃で撃つ緊張感。違うようで、どちらも最高に面白かったです。これは新たな発見でした。

「奴は10歳で原爆を組み立てたんだ」とか、B級映画くさいセリフが多数出てくる序盤から、真実の意味について問う、深いストーリーの後半まで一気にプレイしたくなることうけあい。
未プレイの方はぜひどうぞ。
ゲーム史に残る名作、やらないのはもったいない。

関連:
METAL GEAR SOLID 3 SNAKE EATER
METAL GEAR SOLID 3 SNAKE EATER
まぁ最新作はこちら。



リキッドの声がギレン総帥なのが個人的にヒットでした。

後半、ネットが拡散したことで、それぞれが自分に都合のいい「真実」を作り出し、その中でしか世界を見ないことが危うい。。。みたいな話が出てきますが、ブログ管理者としてちょっと考えさせられました。「愛国者達」の話にも一理あるよね。細分化されすぎて、コミュニケーションが断絶してる感がある現代社会。それを誰かが統制すれば・・って実現したら嫌ですが。だって実現しちゃったら、こんなゴミコンテンツは検閲されまくるだろうから。まぁ、なるべく付加価値を生み出そうってことですか。

それでは、また。
| nas@みかん。 | 感想文:ゲーム | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
感想文:Another Century's Episode
こんばんは。nasです。

今回はゲームの感想文「Another Century's Episode」です。

Another Century's Episode
Another Century's Episode

以前の記事でいろいろ書いたのですが、いちおうストーリーモード難易度ノーマルをクリアしたのできちんと感想書きます。

・・と、その前にアマゾンの評価欄を見たのですが、散々ですね。そんなに悪くないと思うんだけどなぁ。


クリアして思ったこと、それは「難易度低いな」でした。
管理人はアクションが得意というわけでもないですが、簡単にクリアできました。何個かのミッションで2,3回失敗しましたが、ほとんど詰まることはなかったです。

簡単な原因は「CPUのバカさ」だと思います。ちょっとスピードを改造したビルバインさえあれば、全ステージで敵との戦いでは負けないと思います。
なぜなら、敵の周りをバーニア使いながらグルグル周れば一方的にこちらの攻撃だけを当てる状況が作れるからです。
さすがに一部ボスには効きませんが、大体の敵はこれで倒せます。

あと、適当に突っ込んで斬る、だけで倒せます。ビルバインの近接武器の攻撃力を上げておけば楽勝。

・・ですが、それだけでこのゲームを「つまらない」と判断するのは早計。
なんせ機体数が結構ありますから。
機体によって動き方が違うのを楽しむのが肝かと。

比べるのもどうかと思いますが、スーパーマリオを思い出してみてください。
初めてアレをプレイした時、なによりも「マリオというキャラが動かせる」ことが楽しかったのではないでしょうか。

A.C.Eも「機体を動かせる」ことが楽しいのです。ビームを撃つ、ミサイルを撃つ、敵を斬る、バーニアでダッシュする、地面を歩く・・・・いままでこうしたアニメロボ達をここまでストレスなく動かせるゲームがあったかどうか。
操作感は人それぞれだとは思います。ボタン一つで簡単にコンボが出来るのが嫌、という声もうなずけます。でも・・・そんな複雑な操作が必要なら、エースパイロット感が出ないのでは、とも思うのです。
敵の攻撃をものともせず、突っ込んで撃破していく感じはすごく出ています。それだけで楽しいんだからいいんじゃないかと。


ストーリーについては、きちんと事典を読みながら進めればさほど違和感はありませんでした。それほど燃えるようなストーリーではないかもしれませんが、個人的には楽しめました。

機体の編成についても「他の戦艦から機体&パイロットを編入する」という流れ(説明書を読まないとわからないかも)なので、ポイントで買うことに(個人的には)違和感はありませんでした。


そりゃ粗を探せばいっぱいあるでしょうが、そこまでけなされるほど悪い出来ではないです。やりこみ要素もあるし、楽しめるゲームだと思います。

アマゾンの評価欄は辛口ばかりですが、それは期待していたものが違っていたからではないでしょうか。
スーパーロボット大戦シリーズは初期の頃「シュミラマシリーズ」と呼ばれていました。あれはシュミレーションゲームというよりはドラマに近い感じのものです。
本当の意味でシュミレーションゲームというのは「大戦略」みたいなものだと思います。A.C.Eはどちらかといえば「大戦略」的なイメージです。ストーリーモードというよりキャンペーンモードと言ったほうがしっくりきます。
スパロボ的な「徐々にみんなが仲間になって敵を倒す」というような話ではないのです。
それを勝手にスパロボだと思い込んでプレイするから「キャラの声が出ない」だのという文句が出るのではないでしょうか。新しい作品なんだから、新しい評価をするべきだと思うのです。
例えばタイトルが「スーパーロボット大戦外伝」的なものなら、スパロボと違うという文句が出て当然ですが、これは「Another Century's Episode」なのです。スパロボっぽいけど、違うものです。まさにアナザー。アクションゲームなんだから当たり前ですが。


・・あまりにもアマゾンの評価欄がひどいものだったのでちょっと擁護しすぎな感もありますが、要は人それぞれです。楽しいと感じた人がいるのも事実。
欠点はいくらでもでます。1回つまらないと感じれば、欠点しか見えなくなるのも事実だと思います。

でも、食わず嫌いで終わるには勿体ないゲームだと強く思います。合わない人には合わないでしょうが、合う人には楽しめるゲームです。それだけは間違いない。


以上、何が言いたいかわかりにくい文章になりましたが、結論としては「当ブログはA.C.Eを推薦します」ということです。
新品でなくてもいい、中古でもいいから触ってみて欲しいと思います。


関連:「ACEと二挺拳銃のその後。
コメント欄にTKOが寄せてくれた文が冷静なので合わせてどうぞ。


自分が楽しいと思ったゲームがけなされてると腹が立ちますね。感じ方は人それぞれだとは思ってるんですが、思わず感情的になってしまいます。
人の意見は参考にはなりますが、最終的にどう評価するかは自分で決めることです。何人が「クソゲー」呼ばわりしても、僕はおもしろいと言いたいと思います。

それでは、また。
| nas@みかん。 | 感想文:ゲーム | 02:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
感想文:天使ノ二挺拳銃
こんにちは。nasです。

今回はゲームの感想文「天使ノ二挺拳銃」です。

天使ノ二挺拳銃
天使ノ二挺拳銃

攻略はこちらの記事でどうぞ。

以下、ストーリーの根幹に関わるネタバレ含めて感想書きます。

未プレイの方はご注意ください。
続きを読む >>
| nas@みかん。 | 感想文:ゲーム | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
攻略:天使ノ二挺拳銃
こんにちは。nasです。

今回はゲームの攻略「天使ノ二挺拳銃」です。

天使ノ二挺拳銃
天使ノ二挺拳銃


以下、各エンディングへの選択肢を並べるので見たい方はどうぞ。
続きを読む >>
| nas@みかん。 | 感想文:ゲーム | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
感想文:BITTERSWEET FOOLS(PS2版)
こんばんは。nasです。

今回はゲームの感想文「BITTERSWEET FOOLS」PS2版です。えー、むしろ「SIMPLE2000シリーズVol.9 THE 恋愛アドベンチャー」と言った方が良いのでしょうか。。

SIMPLE2000シリーズVol.9 THE 恋愛アドベンチャー 〜BITTERSWEET FOOLS〜
SIMPLE2000シリーズVol.9 THE 恋愛アドベンチャー 〜BITTERSWEET FOOLS〜

友人T.Mからムリヤリ貸し付けられた作品。とりあえずプレイする気はありましたが、そんなに興味はありませんでした。
作品の存在自体知らなかったので「原画:相田裕」と「OPムービー:新海誠」の名前に驚いたくらいでした。シンプルシリーズにこんな豪華メンバーがたずさわっていたなんて・・・という感じで。

んで、一周目プレイ。5時間くらいで終わるのですが、結構おもしろい。でも第一印象は「ガンスリンガー・ガールだよこれ。。」でした。
原画がガンスリ作者である相田裕ということもありますが、舞台がイタリアだったり暗殺組織が出てきたりと共通点が多すぎ。まぁ2000円だから仕方ないのか・・・とこの時点では思っていました。

そして2周目プレイに移る前に攻略サイト探し。すると・・・知らなかった事実に気付いてしまったわけです。

「これって移植作なんや・・・・」

もともとPCで18禁ソフトとしてリリースされていたものと知り、物語後半で出てくるなんとなくエロさを感じるシーンはそういうことだったのかと納得。
とりあえず制作元のホームページを見るとさらに驚愕。

「な・・七尾奈留!!」

というか、ちょっと注目してたゲームのメーカーと同じだったというオチ。そこの最新作が原画:七尾奈留、脚本:御影という「ダカーポ」コンビだということで話題になっていたメーカーさん「minori」だったのです。むしろ「Wind」のメーカーだと言った方が通じるのか。アニメ化されたし。


というわけで、全く知らなかったとはいえ、偶然にもminoriの処女作である「BITTERSWEET FOOLS」をプレイできたのは幸運でした。

長い前置きは置いておいて、以下感想です。

一言でいうと「おもしろい・・けど消化不良」です。大学の成績で例えると「ギリギリ良」って感じ。

全22話なのですが、選択肢によってルートが変わるので1回のプレイですべての話を見ることができません。最初にプレイした時はそれに気付かず「いきなり3話から5話に飛んだ!バグか?」と思ったくらいです。
おもしろいシステムなのですが、そのせいで物語が純粋に味わえないという大きな欠点があります。主人公が一人ではない点は良いのですが、ころころ人称が変わるので混乱すること数回。
2周目以降、伏線に気付けたりするのは楽しいのですが、それ以上に一周目の感動が損なわれるのは自分としては残念に感じられました。後半の話が急展開すぎるのもちょっと残念でした。

シナリオにちょっと矛盾点があるのもマイナス。酒が飲めない、と言ってたキャラが飲んでたりしました。
ウフィッツィ美術館が、ある話だけウフィーツィ美術館という表記になってたり、単純な誤植ではないミスもありました。
気にならない範囲ですが、結構細かい性格の管理人は気付いてしまってがっかりでした。。

全体に漂うイタリア感(行ったことはないので想像ですが)や、流れる音楽は最高。主題歌も歌手の下手さに目をつぶれば最高です。OPムービーは言うまでもなく最高。さすが新海誠。
声優の演技もかなり良いほうだと思います。特にヒロインのティが個人的に良かったです。

ガンスリそのままだ、と最初思ったのですが、ガンスリが「BITTERSWEET FOOLS」そのままなのですね。一話完結のスタイルも、話によって主役が変わるスタイルも、銃器へのこだわりも、イタリアの描写も全て。リリース時期からして、ガンスリが後なので相田裕がガンスリを作る際に参考にしたのは間違いないと思います。

だからと言ってガンスリを否定するわけではないですよ?念のため。ちょうど「BITTERSWEET FOOLS」劇中にいいセリフが出てくるので引用しておきます。

「真実に何の価値があるのだろうか。価値のあるのは−そう、良い物語だ」(ティのモノローグより)

というわけですね。「BITTERSWEET FOOLS」もガンスリも良い物語、という結論で納得しました。

ちなみにフルコンプまで10時間近くかかりました。ちょっとボリューム不足かな?とも思いますが2000円ではありえないほど出来がいいので許しましょう。ガンスリファンにはかなりオススメ。ファンでなくてもオススメできる作品だと思います。PC版がやってみたいぃぃ。

参考:
BITTERSWEET FOOLS ビジュアルファンブック
BITTERSWEET FOOLS ビジュアルファンブック
ファンブックが出てることに驚き。ガンスリがヒットしたせいでプレミア価格になってるし。ゲーム自体もPC版はプレミア価格になってるようです。
サントラ(BITTERSWEET FOOLS Dolce)も出てるようで。

はるのあしおと DVD初回特典版
はるのあしおと DVD初回特典版
Wind -a breath of heart- Re:gratitude
Wind -a breath of heart- Re:gratitude
というわけでminori作品がやってみたくなりました。公式ページの感じが好印象。ちょっと気になる。最新作「 ef - a fairy tale of the two.」がどこまでヒットするか見ものですな。

GUNSLINGER GIRL DVD-BOX
当ブログ超いちおしアニメ。というか今見ながら記事書いてます。名作。

「ほしのこえ」The voices of a distant star
「ほしのこえ」The voices of a distant star
雲のむこう、約束の場所
雲のむこう、約束の場所
新海誠作品ということで。「ほしのこえ」は3回ほど見ましたが良作です。「雲のむこう・・」は近くの劇場でやってねぇぇ。。。見たい。。


今回は超長文になりました。
いやー、知らずにやりはじめたゲームがここまで興味を引くものだったとは。これは友人T.Mに大感謝。

今年初めてプレイしたノベルゲームがこれだった、というのは何か面白いなぁ。
そして明日は「天使ノ二挺拳銃」発売日。夜には通販で届く予定なので、没頭します。楽しみ。

「A.C.E」は今日発売。これも触ってみたいなぁ。

それでは、また。
| nas@みかん。 | 感想文:ゲーム | 02:55 | comments(3) | trackbacks(1) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

bolg index このページの先頭へ