blog index

みかん。

引っ越しました。2秒後に遷移します。
<< 記事数100達成!! | main | 感想文:ファウストvol.4 第一特集 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
感想文:NHKにようこそ! 2巻
こんばんは。nasです。

今回はマンガの感想文「NHKにようこそ!」2巻です。

NHKにようこそ! (2)
NHKにようこそ! (2)
大岩 ケンヂ, 滝本 竜彦

滝本竜彦の同名小説が原作のこのマンガ。少年エースに好評連載中です。角川がキャンペーンを打つくらい力入れてるので見かけた方も多いかと。

原作は読んでないので比較はできませんが、このマンガは面白いと思います。

ニッポン・ひきこもり・協会、略してNHKが良質のアニメでひきこもりを増やそうとしている!というこじつけで始まったはずのストーリーです。1巻が手元にないので確認できませんが。

この2巻では、主人公・佐藤君の母親が尋ねてくるところと、自殺オフ会に参加してしまうところが描かれてます。例によってダメさ全開です。

今回、読む手が止まった名シーンは二つ。
自殺オフ会で、高校時代を思い出すシーンと、自殺オフ会に行った佐藤君を岬ちゃんが追いかけるシーン。

例によって、セリフが良かったのです。

「大学に入ってからも、勉強も恋愛も友情も全部、バカバカしくてやってられないと思ってたんだ・・・」

「佐藤君は路傍の石なんかじゃないわ。血も肉もあるダメ人間だもの!」

後者はコマ割も好きです。

これも「痛い」話ですが、それだけに感動を呼ぶのだと思います。佐藤君に共感してしまえるのは、別に僕が軽いひきこもり属性を持っているからじゃなくて、なんというか世代に共通の感覚を描いているからだと思うのです。斜に構えて世界を見なきゃいけない、というようなニヒリズムが蔓延してる自分達の世代にとっては。

本当に蔑まされなきゃならないのは、真剣に生きているひきこもり達じゃなくて、怠惰な”優等生”の自分なんだろうなと思うわけです。いや、これは真面目な話。
きちんと小・中・高・大学を抜けて何事もなく社会人になるような奴の方が、よっぽど真剣さがないだろうと思ってるのです。自分も何もわかってないのに偉そうな口ぶりですが。

・・まぁ、そんなわけでこのマンガもオススメです。絵がかわいいのでそちらに萌えるという楽しみ方もあり。

参考:角川ネガティブ・キャンペーン2
角川もがんばってるなぁ。ということで。


読んだ後、原作が読みたくなって近所の本屋を探し回ったのになかったのが残念。

発売中の「ファウストvol.4」でも滝本竜彦の連載が載ってます。こちらも楽しめるのでぜひ。感想はそのうち書きます。

それでは、また。
| nas@みかん。 | 感想文:マンガ | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:39 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://nas0620.jugem.jp/trackback/101
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

bolg index このページの先頭へ