blog index

みかん。

引っ越しました。2秒後に遷移します。
<< スパロボ祭り | main | 感想文:AIR 第六話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
感想文:マクロスプラス
こんばんは。nasです。

さて、今回はアニメの感想文「マクロスプラス」です。

マクロスプラス Vol.1
マクロスプラス Vol.1



えー、事前知識ゼロで見ました。スパロボで出てきた範囲のストーリーは知ってましたが、スタッフ等は知らずに。

それでも、マクロスなんだから河森正治板野一郎が参加してることはわかってました。・・・が、ここまで豪華だとは思ってなかったです。

音楽・菅野よう子に始まり、2話コンテ・樋口真嗣やキャラデザ・摩砂雪、1話原画・庵野秀明、作監補・鶴巻和哉などを確認。(人物名リンクはすべてウィキペディア)

菅野よう子が初のアニメサントラを出した作品でもあったようで。・・自分の不勉強を思い知りました。


さて、肝心の内容は「ジャパニメーション」って感じでした。雰囲気が「攻殻機動隊」っぽいし、主人公・イサムのバイクが「アキラ」の金田バイクにちょっと似てたりとか。
シャロンの歌を聴いた人を見て「ゴーストハック!!」とも思いました。なので攻殻とか好きな人にはオススメかも。

ストーリーとしては、もうちょっと話数増やして欲しかったです。最終話でいろいろな伏線がすべて決着するので慌しくて追いきれない感じがしました。4話だから仕方ないんだろうけど。
内容はすごく面白かったので、もっと見たかったという感じ。早足で全てが過ぎ去っていくのが惜しい。

んで、一番の注目は戦闘シーン。これでもかというくらい板野サーカスです。最終話のイサム対ガルドとかは鳥肌ものでした。あのスピード感はすごい。これだけのために見ても損はしないと思えるほどでした。ピンポイントバリアパンチが最高。あぁ、チャフってこうやって使うのか、と納得するシーンもあり。

そして圧巻は音楽。さすが菅野よう子、引き込まれます。歌が肝であるマクロスにとって、菅野よう子の音楽は最適。この作品の面白さを増幅させてるのは間違いないと思います。

ビデオ一巻の映像特典に「マクロス」のストーリーを振り返るやつが収録されてましたが、それも良かった。むしろ「愛・おぼえていますか」がもう一回見たくなるくらいに。

当時としてはがんばってるCGシーンもあり、かなり楽しめる作品だと思います。オススメ。

関連:
MACROSS PLUS ORIGINAL SOUNDTRACK
MACROSS PLUS ORIGINAL SOUNDTRACK
菅野よう子、ということでサントラもチェック。


第3次スパロボに参戦が決定したので見てみた作品でしたが、かなり良かったと思います。ストーリーは前作まででほとんど終わってるので戦闘シーンに期待。ピンポイントバリアパンチをもう一度。


一巻の映像特典を見てて、ミンメイのファンが「L・O・V・E」と合いの手を入れてたことを思い出しました。・・・やっぱりやってやがった。(DESTINY感想17話参照)

それでは、また。
| nas@みかん。 | 感想文:アニメ | 04:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 04:44 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://nas0620.jugem.jp/trackback/215
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

bolg index このページの先頭へ