blog index

みかん。

引っ越しました。2秒後に遷移します。
<< 感想文:マクロスプラス | main | 感想文:ラヴクラフト全集5 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
感想文:AIR 第六話
おはようございます。nasです。

ほぼ一週間遅れになりました。「AIR」感想文第六話「ほし」です。


事前予想どおり・・泣けました。
原作、美凪シナリオを初めて読んだ時には及びませんでしたが、かなりグッと来たのは事実。

特に泣けたのはやはり、みちる周辺。みちるが自分の正体を明かすところは涙なしでは見れませんでした。「夢は、いつか覚めないといけない」ってのは悲しすぎる・・。笑顔で泣かれたら、見てるこっちも泣かざるを得ないじゃないか・・。

あとは食事シーンとお別れシーンで涙。「美凪、笑ってる?」ってところは激泣き。なぜか「車輪の唄」を思い出した自分がいました。

やっぱりAIRは「お母さん」の話だよね、と思った第六話でした。一話で三回も泣けるなんて贅沢。


えー、作画にもちろん文句はないですが、一言。今回の日陰のシーン、ちょっと色がおかしかった気が。そこだけベタ塗り感。日陰の演出だったのだろうか。
3DCG使用や、夕立の後、日が差すシーンあたりは最高の出来だったのは言うまでもないですが。

次回は原作DREAM編・観鈴の話。ここまでの構成がかなり上手く、佳乃&美凪編でも翼人伝説が出てきたので盛り上がり必至。この辺の構成は原作より上手いのでは?と個人的には思います。

次回も泣けそうです・・。


関連:
AIR 1 初回限定版
AIR 1 初回限定版
引き続き大プッシュ中。


もう折り返しか。1クールは短いなぁ。

それでは、また。
| nas@みかん。 | AIR | 07:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:13 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://nas0620.jugem.jp/trackback/216
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

bolg index このページの先頭へ