blog index

みかん。

引っ越しました。2秒後に遷移します。
<< 海洋堂とニトロプラスと北斗の拳 | main | 感想文:機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE19 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
感想文:AIR 第八話
こんばんは。nasです。

「AIR」感想文の第八話「なつ」ですよ。


今回は過去編1発目・・・って展開早いな、おい。

かなり詰め込んだ感があります。まぁ仕方ないと言えば仕方ない。けれども、いろいろ見たいシーンもあったわけで。

時間の関係上仕方ないのはわかりますが、もっと神奈・柳也・裏葉の旅路が見たかった・・。これは原作知らない人にとっては感情移入が進まなかったのでは。それでも、ナイス構成なことには間違いないのですが。

今回は、和歌がやはり気になった。元の和歌が見たいな、と思ったのにタイトルが出てこない。なんだっけ?話のラストに和歌が出てきて締めるようなスタイルのやつ。干飯(かれいい、と高校では習ったけど劇中では「ほしいい」と言ってた。正解はどっち?)の話のラストが「涙を流してほとびにけり」だったことだけ覚えてる。うわー、気になる。知ってる人いたら教えてください。

2周目見てて、やっぱり原作・川辺での神奈と柳也のシーンが見たかったと思いました。裏葉が活躍するところもちょっと見たかったなぁ。時間がなぁ・・・。
キレイな映像と、納得の構成。文句をつけるのも悪い気がしますが。

祭りのシーンで「余は翼を持っておるが、空は飛べぬ」というセリフの辺りが今回の泣きどころ。美凪の「飛べない翼に、意味はあるのでしょうか」と重なってるんだね。いまさら気付いた。ビール飲みながら見てたのでちょっと涙が出ました。
あとは母上と会うところで涙。しかし今回は展開が早いのと、過去編一回目ということであまり泣けるシーンがなかったかと。

その代わり、次回予告で涙が溢れました。・・・次回に期待。


関連:
AIR オリジナルサウンドトラック
AIR オリジナルサウンドトラック
やはり何度聞いても良いものは良い。


個人的事情で次回以降、もしかしたら見れなくなるという不安をはらみつつ、それでも次回以降に期待する自分。あと5回、なんとしてでも見る覚悟です。

それでは、また。
| nas@みかん。 | AIR | 02:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:13 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://nas0620.jugem.jp/trackback/230
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

bolg index このページの先頭へ