blog index

みかん。

引っ越しました。2秒後に遷移します。
<< 感想文:AIR 第九話 | main | 感想文:クローズアップ現代「ブンガクに異変アリ!?」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
感想文:アベノ橋魔法☆商店街
こんにちは。nasです。

今回はアニメの感想文「アベノ橋魔法☆商店街」です。

アベノ橋魔法☆商店街 Vol.1
アベノ橋魔法☆商店街 Vol.1
アベノ橋魔法☆商店街 Vol.2
アベノ橋魔法☆商店街 Vol.3
アベノ橋魔法☆商店街 Vol.4
アベノ橋魔法☆商店街 Vol.5


数年前に友達に薦められて以来、見る機会がなかったのですが、今回キッズステーションで放送されてたので毎週録画してもらって見たわけです。(毎度のことながら友人TKOには多謝)

感想を一言で言うと「形を変えたエヴァンゲリオン」かと。

最初からほぼ全編がパロディ、お笑いで占められてるのが楽しく見れる要因ですが、その中に、ふっとシリアスになるところがあるのがとても素晴らしい。そのリズムが心地よく、グッと引き込まれてしまいました。

まぁ、なぜ「形を変えたエヴァンゲリオン」かというと、やはりラスト付近の展開。
成長しているアルミに対して、成長しないサッシ。いつまでも子供のままでいようとして、現実を見ない振りをするのはまさにシンジ君そのものかと。
強大な力を持ってしまって、最後はハッピーエンドに持っていこうとするあたりはニヤリ。これはエヴァが現実を突きつけたことと対照的に、現実から逃げ切れたという点で楽しかったです。

ただし、次回予告をつけて一話にループさせてるあたり、結局は現実から逃がれられないというメッセージのようでさらにニヤリ。やはりガイナックス。自らが出した作品を覆すようなことはしないということですか。
「現実からは絶対逃げられないから、成長しろ、オタク少年」というメッセージはまさにエヴァンゲリオンそのもの。形を変えてマイルドにしてる分はありますが、しっかりと伝わるものは伝わりました。オタクは部屋から出ろ、というメッセージでもあるのでしょうな。

毎回、サッシの理想の世界に飛んでしまうのも暗示的。先日、再放送されたNHKのヴェネチア・ビエンナーレ特集でも言ってましたが「オタクは個室の中に個室を作る」という発想なのかと。

笑える作品にしながらも、しっかりとヒロイン・アルミにオタク的世界を否定させてるのが秀逸。たまにアルミも気に入ってるのに、後半は「現実に帰りたい」と言い始めるのが男と女の違いなのかな。

そんな中でも「あたしのために、ありがとうな、サッシ」というセリフは泣けました。やはり女の子は現実を見てる。(一般論すぎるかも知れませんが。現実的にオタク率は男の方が高いと思う。こういった作品にオタク女が出にくいのは、視聴者がオタク男であるためであるからだと思うので。基本的にオタク男はオタク女を恋愛対象にしない、むしろ嫌悪感を抱くこともある、と管理人は思います。これは偏見だろうけど、一つの事実でもあると思う。凄い勢いでポップンやってるゴスロリ風女子を見て、引くのは管理人だけではないはずだと思うから。確かに偏見でしかないですが、これはどうしようもない事実。Tシャツをズボンにキレイに入れた細い男が凄い勢いでポップンしてるのも引きますが。・・結局は性別差なんてないのか?・・結論は出ませんが)

そして最後にサッシが現実から逃げようとするのは「結局はオタクはオタクでしかない」という意味にも取れて興味深い。女の子のために世界を変えようとしてる、というのは成長とも取れるかもしれませんが、現実から逃げるのは成長とは言えないと管理人は思うので。


んで、最終話に至るまでは上質のパロディ連発で笑える作品です。舞台が大阪ってのも一役買ってる。
その中で管理人お気に入りのパロディは「某社と某社がケンカ別れしてプレミアが付いた食玩が〜!!」と「うぐぅ」でした。他にもあるけど、特にこの二つ。

・・・というわけで「形を変えたエヴァンゲリオン」でした。色指定・高星晴美と音楽・鷺巣士郎というエヴァスタッフも関わってるおかげで、クオリティはかなり高いです。エヴァっぽい感覚もするのはそのせいもあるのか・・?未見の方はぜひ。ほぼ確実に楽しめると思います。最終回までボケとツッコミが満載なので。


またしても名作に遭遇。といっても評判になったり薦められたりした作品を見ることが多いからですが。・・・嫌な奴だなぁ。

それでは、また。
| nas@みかん。 | 感想文:アニメ | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:12 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://nas0620.jugem.jp/trackback/245
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

bolg index このページの先頭へ