blog index

みかん。

引っ越しました。2秒後に遷移します。
<< 感想文:ワンダ&リセットのおしゃれ泥棒! | main | 感想文:AIR 第十話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
感想文:さおだけ屋はなぜ潰れないのか?
こんばんは。nasです。

たまには物語ではない本の感想などを。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学

内定先の人事の方から「会計をわかりやすく書いてくれてるのでオススメ」とメールがあったので読んでみました。

んで、後で気付いたのですが、結構売れてるようで。(Yahoo!ニュース・ランキング・2/25〜3/3新書売上げ2位


感想を一言で言うと「わかりやすい!!」に尽きます。
これが「会計」なのか?っていうくらいわかりやすくて拍子抜けしました。1時間弱で読めてしまって、むしろ心配になるくらい。

というのも、一見、会計に関係なさそうな話ばかり出てきて、全く会計を理解した気分にならなかったからです。会計に対するイメージがちょっと変わったという感じ。

本の帯に「大ざっぱに会計の本質をつかむ」と書かれている通り、大ざっぱにつかんだのでしょう、たぶん。
意外と会計って難しくないんだ、と思ってしまった管理人は筆者の思う壺ですね。

出てくる話としては、表題にもある「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」とか「一見、客が入ってない料理店はなぜ潰れないのか?」とか「麻雀で1位が狙える立場なのに、なぜ2位になるのか?」とかそんな感じで、すんなり読めました。

数字の話なんて全く出てこないし、簿記のやり方とか専門用語とかなにも出てきません。でも、基本的な会計の考え方はわかりました。なんとなく、ですが。

一番うならされたのは、たまに見かける「50人に1人が無料!!」という類のキャンペーンの話。管理人はギャンブル嫌いではないので、こんな話を聞くと購買意欲をそそられますが、冷静に考えてみると違う視点が出てくるそうです。

50人に1人が無料=100人に2人が無料、ということは、キャンペーンをしている経営者側からすれば、たった2%の割引に過ぎないということになります。

たった2%の割引なら、企業として損はしないし、客を寄せる方法としても優れている、という寸法です。

「へぇ〜」連打。視点を変えるだけで仕組みがわかるとは。

管理人は最近、簿記の勉強を始めましたが、会計の意味はこういうところにあったのかと納得すると、簿記の勉強がちょっとだけ違って見えてきます。

本当にあっさり読めて、理解したのかどうかも怪しいですが、楽しんで読めたのは確実です。入門書、というよりは門の前みたいな感じ。

管理人みたいな、今春から社会人になる人にとってはいい勉強になる本なのではないかと思います。
人事の人の薦めにしたがってみて良かった。


このブログで初めての、物語ではない本の感想文でしたが、これほど書きづらいものはないですね。おもしろかった、ということが伝えにくいことこの上ない。こういう文章の書き方の入門書でも読んだほうがいいですかね。

それでは、また。
| nas@みかん。 | 感想文:小説(本全般) | 20:52 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:52 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://nas0620.jugem.jp/trackback/256
山田真哉『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』
今回は、山田真哉『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』を紹介します。数字の見方であり、商売の本質みたいなものがわかる本だと思いました。しかし、会計学であり、簿記の世界に直接つながるかといえばちょっと疑問を感じる。会計学や簿記の勉強がしたいならば、正面切
| itchy1976の日記 | 2005/04/27 12:52 PM |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

bolg index このページの先頭へ