blog index

みかん。

引っ越しました。2秒後に遷移します。
<< 帰宅後 | main | 振り返り1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
感想文:マリア様がみてる 特別でないただの一日
ごきげんよう。nasです。

次回は旅行の振り返り、と言いながらも、感想文です。

読んだのは「マリア様がみてる」。アニメ化もされたのでご存知の方もいるかと思います。
今回はその最新刊。既刊18冊すべてを読んでいる前提での感想になりますので、興味ない方は読み飛ばしてください。

ただし、おすすめはします。普段こういうライトノベルは読まない僕ですが、これは好きだからです。高校時代にわかった、いろんなことの追体験というか、そういうノスタルジックな感じと共に、のどの奥がこそばゆくなるようなドキドキ感があります。まぁ詳しくは一冊目を読んでみてください。


マリア様がみてる ―特別でないただの一日
マリア様がみてる ―特別でないただの一日
今野 緒雪, ひびき 玲音


ーー以下、ネタバレありのため、ご注意くださいーー




今回は学園祭の話、ということで祐巳の妹問題が決着するものだとばかり思ってました。まぁ、がっかりはしなかったというか、むしろ良かったです。
なにがって最後の祥子さまとのシーン。タイトルとの絡みをここで持ってくるか!と思いました。こういう伏線は大好きです。

全体的には小話がたくさん詰め込まれすぎなのと、中盤以降の展開が急すぎるのが気になりましたが、最後のシーンのおかげでかなりお気に入りの巻になりました。

たぶん論争を巻き起こすのが可南子の家庭問題ですが、あっさりしすぎている感じを受けました。ちょっと会って話を聞いて、納得できるような問題だとは思えません。あそこはもっと時間がかかる気がします。実際問題、そういう経験はないので想像するしかないのですが。
ただ、妊娠とかいうリアルな問題をマリ見てで見られたのは好印象でした。おそらくメインの読者層には受けそうにない話を選んでくれたことに作者の覚悟を感じました。夢のような世界の話だからこそ、そこに現実の広がりを与える、というのは賛成です。
読んだあとスッキリしすぎたり、考えることがなさすぎるのは名作だとは思えません。マリ見てには珍しい話ですが、これでいいのだと思えました。

あとは、瞳子ちゃんが良かったと思いました。とにかく可愛い。祐巳の妹は瞳子ちゃんで決まりだろうと思います。

志摩子さんの出番がほとんどないのは残念でした。まぁ、作品にとってはどうでもいいことですが。いちおう。

出たばかりで次が気になります。あと5,6冊も出れば祥子さまが卒業してしまうし。せめて、祐巳の卒業までは続けてほしいと思います。読者は勝手なものですね。




今回は、中身の薄い感想文になってしまいました。うまく言葉が出てこない。もっと文章力をつけないとなぁ。

では、また。
| nas@みかん。 | 感想文:小説(本全般) | 00:04 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:04 | - | - |
コメント
ooops sorry
| incentive trip | 2006/03/14 11:37 PM |
i love u
| the best online casino on the net | 2006/03/18 4:05 PM |
read this
| baccarat casino online recommendation tutorial | 2006/03/19 10:31 AM |
i like pops
| phentermine weight loss | 2006/03/20 12:01 AM |
great site
| remeron | 2006/03/22 11:28 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://nas0620.jugem.jp/trackback/50
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

bolg index このページの先頭へ