blog index

みかん。

引っ越しました。2秒後に遷移します。
<< 感想文:マリア様がみてる〜春〜 | main | 感想文:DEATH NOTE 4巻 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
感想文:スティール・ボール・ラン 3&4巻
こんばんは。nasです。

少し風邪気味ですが、はりきっていきましょう。
というのも、アクセス数が安定してきたのですよ。今月入ってから一日40ヒット前後。有名サイトに自動リンクが張られてたので十数人見てくれたようです。さすが話題の本は違うな、と思いました。ありがとう電車さん。

そして今回はマンガの感想文。
荒木飛呂彦「スティール・ボール・ラン」3&4巻です。
ちなみに僕は「ジョジョの奇妙な冒険」全巻持ってます。もちろん、大好きですッ!

スティール・ボール・ラン 3 (3)
スティール・ボール・ラン 3 (3)
荒木 飛呂彦

「ご存知「ジョジョの奇妙な冒険」の作者が送る最新作!」みたいなキャッチコピーが連載当初、ジャンプに載ってたことを思い出しました。ジョジョの奇妙な冒険第7部、というサブタイトルはついてないものの、確かにこれはジョジョです。

単行本1巻に「実質的に第7部」と書かれている通り、ジョジョとして読むのが正しい、と勝手に判断しています。

そして3巻から遂にッ!「スタンド」が登場します。

感想としては「・・・」でした。スタンドのネタも種切れなのかッ!?というのが正直なところ。
どういう風に能力を使ってピンチを切り抜けるか、がジョジョの醍醐味だとすれば、そこが弱い気がするのです。

確かに、敵に追い詰められたり、それをギリギリで脱出したり、というジョジョ節は残ってます。それでも、なにか物足りない。

期待が大きい分、かなり辛めの評価になりますが、いまのところスタンドは不要かな、と思います。1&2巻はかなり面白かったと思いますが、スタンドのせいで3&4巻はあんまり楽しめませんでした。ツェペリの過去エピソードはかなり良かったと思いますが、戦闘シーンがあまり・・・。

ツェペリの技が「回転鉄球投げ」という、いままでの主人公からしたら地味なところも影響してるのかも知れません。
「オラオラーッ!」とか「ドララーッ!」とか「無駄無駄ァ!」とかいう派手さが足りないのが、物足りないと感じる原因かも知れません。波紋使ってくれたらなぁ。。

もちろん、まだ始まって4巻なので、これから徐々におもしろくなっていくと信じていますが。だからこそ買い続ける、それがファンというものだと思ってます。

参考:すごいファンがいる、ということで。
ジョジョ立ちポーズ教室
花見の時は新聞にも紹介されてました。爆笑。
1回参加してみたい、と思ってます。こんなジョジョ馬鹿達に会いたい。

スティール・ボール・ランは今後に期待。だがッ!
ジョジョの奇妙な冒険 (47)
ジョジョの奇妙な冒険 (47)
荒木 飛呂彦

第5部の熱さは世界一ィィィィ!というわけです。ジョジョ未読の方は第5部だけでも読んでみてください。イタリア語の学習にもピッタリ。

それでは、アリーベ・デルチ!(さよならだ!)
| nas@みかん。 | 感想文:マンガ | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:18 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://nas0620.jugem.jp/trackback/83
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

bolg index このページの先頭へ